a:805 t:1 y:2

●今月のごみ暦
  ▲お知らせ ▲ごみ暦 ▲今月の予定 ▲町内会ニュース 役員一覧 履歴 ←戻る

ごみの出し方
(1)ごみ袋は燃やせるごみと燃やせないごみは指定ごみ袋を,燃やせるごみ・燃やせないごみ以外のごみは市販,もしくは買い物袋などの透明・半透明の袋をご利用ください。

(2)収集日の午前6~午前9時に出してください。

(3)町内会に登録したごみステーションに出してください。



◆ガス缶・スプレー・ライターは使い切った後に穴をあけない透明(半透明)の袋に入れ「燃えないごみの日」に出してください。<注意>指定ごみ袋(緑)に入れないこと。

◆デジタル式「体温計」・「血圧計」・「湿温計」の出し方・・・小型家電として回収拠点に持ち込むか、燃やせないごみとして「燃やせないごみの日」に指定ごみ袋(緑)に入れて出してください。

◆モバイルバッテリーの出し方・・・ホームセンターや家電量販店「小型充電式電池リサイクル協力店」にお持ちください。

ゴミカレ(携帯電話にごみの排出日のお知らせ)
ごみ収集日お知らせメール配信
当地域の収集パターンは3-Aですカレンダーはこちら
画像の説明

▲令和2年9月のごみ暦

◆ごみの収集日をEメールでお知らせします。
 アクセス方法;http://www.53cal.jp/
 登録料は不要、通信料は利用者負担


曜日

区分

出す日

出せるもの

出し方


月曜日

燃やせるごみ

7・14・21・28

生ごみ・紙・布・草木

【黄色】の指定袋


火曜日

燃やせないごみ

1・15・29

乾電池・体温計・蛍光灯

【緑色】の指定袋


同上

段ボール・紙製容器包装

8・22

段ボール

紙製容器包装

ひもで十字にしばる。
透明・半透明の袋に入れる。

水曜日

空き缶・空きびん・家庭金物

2・9・16・23・30

資源活用

透明・半透明の袋に入れる


同上

紙パック

同上

資源活用

開き、ひもでしばる。袋に入れない。


木曜日

燃やせるごみ

3・10・17・24

生ごみ・紙・布・草木

黄色の指定袋


金曜日

プラスチック製容器包装・ペットボトル

4・11・18・25

透明・半透明の袋に入れる


このページのトップへ

▲ごみステーションを利用するには

~登録が必要です~ [#tcda8768]
下記の登録内容で登録をお願いします。
①利用希望の「ごみステーション№」
②お名前
③住所(豊岡〇条〇丁目〇番〇号まで)
④共同住宅名(必ず室番号)
⑤連絡先
⑥負担金(年額2,400円、一括銀行振り込み。会員、準会員は不要)

銀行名;旭川信用金庫
支店名;あたご支店
口座種別;普通
口座番号;0200451
講座名義;アタゴダイニチョウナイカイ

 FAX;32-5555 担当 藤原
 メール;info@atagodai2.com
  

<当番のお願い>
①利用者全員(会員・準会員、非会員)に「当番」をお願いします。利用者数によりますが、年間2回~4回位(月~金曜日)
 ステーション周辺の清掃、冬期間の除雪。ちり取り・ほうきなどの補充
②調査へのご協力
 違反ゴミが著しい場合は、調査のため、ごみ袋に登録番号をマジックで書いて出していただく場合があります。
③違反ごみ、不法なごみ出しへの対応
ルール違反のごみ出しや地域外からの不法な投棄を抑制
違反ごみのおもなものは「指定のごみ袋」を使っていないもの.
タダ出しは不法行為。
★分別していないごみ。
★登録者外の無断利用
 違反者に対しては、
①排出者を特定し旭川市職員が自宅を訪問し、排出指導する。
②共同住宅の場合は、旭川市と連携し、管理会社や家主に改善を求めます。
法に基づき警察へ通報

旭川市ごみステーション設置等の指導要綱抜粋

関係する条文のみ紹介します。
詳しくは、旭川市の指導要綱 を参照ください。

第1条 この要綱は、家庭廃棄物(以下「ごみ」という。)の排出方法、排出基
   準、清潔の保持に係る事項のほか、共同住宅に係るごみステーション等の
   設置及び管理等に関する指導を行うにあたり必要な事項を定め、円滑なご
   み収集作業を確保するとともに、良好な居住環境の確保を図ることを目的
   とする。
第2条(定義)
「 ごみステーション」… ごみ収集日において、ごみを一時的に集積する場所を
 いう。
(以下略)

(排出方法等)
第3条 市民は、旭川市が定める排出方法等に従って、ごみの排出を行わなければ
  ならない。
 2 市民は、ごみステーションの清潔保持のため、次の各号に掲げる方法によ
  り、ごみステーションを管理するものとする。
 (1) ネットやカラスよけ等の管理器材を有効に活用し、ごみの飛散防止に努め
   ること。
 (2) 管理器材の整理、ごみステーションの清掃及び除雪については、利用者が
   協力して行うこと。
 3 市民は、ごみをごみステーションに排出するにあたっては、分別ごとの排出
  方法、排出日、排出時間等を遵守しなければならない。
 4 市民は、ごみステーションの清潔保持のための市の施策に協力しなければな
  らない。

(排出指導)
第4条 市長は、前条に規定する排出が正しく行われていないときは、立入検査を
 行い、排出者を特定し、正しい排出方法、ごみ出しマナー等を遵守するよう直
 接指導を行うものとする。

第2章 ごみステーションの設置及び管理等に係る基準
(事前協議及び届出)
第5条 ごみステーションを設置し、若しくは廃止し、又は設置位置を変更しよう
  とするときは、市の確認を受けて、町内会役員や利用する市民との話し合い
  により自主的に決めるものとする。
 2 (略)
 3 市長は、町内会から前項に定める設置及び変更に伴う届出書の提出があった
  ときは、速やかに現地調査を行い、設置場所としての適否を判断し、町内会
  と協議の上、決定を行うものとする。

 当町内会では、現在設置のごみスーションで「利用申し込みがゼロ」の場合
 は、廃止の予定です。

(設置場所等についての基準)
第6条 (略)
(4) 設置箇所数は、収集路線の概ね100メートルに2箇所から3箇所とし、1箇所
 あたりのごみステーションを使用する世帯数は、 管理上の必要から30世帯を
 超えてはならないものとする。ただし、市長が必要と認める場合はこの限りで
 はない。

(同意について)
第7条 ごみステーションを設置し、又は設置位置を変更しようとするときは、設
 置又は変更しようとする土地又は建物の所有者及び隣接(ごみステーションよ
 りおおむね6m以内)する土地に建物があり、居住している場合は、その所有
 者の同意を得ること。

(紛争の解決)
第8条ごみステーションの設置、変更又は利用に関して、付近住民等との間に紛
 争が生じた場合は、町内会役員や利用者の話し合いにより自主的に解決に当た
 らなければならない。

(管理について)
第9条 ごみステーションは、町内会の責任において管理を行うものとする。
  2 町内会は、ごみステーションごとに利用する世帯を常に把握するととも
   に、排出ルールを遵守させるため管理責任者を置くものとする。

第3章 共同住宅に係るごみステーションの設置及び管理
(対象とする共同住宅)
第10条 この章及び第4章の規定は、住戸を4戸以上有する共同住宅に適用する。
 ただし、次条及び第12条の規定はすべての共同住宅に適用する。

(共同住宅の所有者等の責務)
第11条 共同住宅の所有者等は、町内会及び市と協力し、次の各号に掲げる事項
 を遵守し、ごみステーションを適正に管理しなければならない。
(1) 入居者に対し、ごみの分別区分、排出日時、排出場所、排出方法等のごみ出
 しマナーや、ごみ保管場所を設置しているときは、ごみ保管場所等を入居者に
 周知するとともに、違反する入居者に対しては、直接指導を行うこと。
(2) ごみステーション及びその周辺の清潔を保持するため、次の措置を講ずるこ
 と。
 ア 指定ごみ袋以外の袋を使用しているときは、指定袋に入れ替えること。
 イ 正しく分別されていないときは、分別し直すこと。
 ウ 収集日以外に排出されたときは、排出者に次回の収集日に排出するよう要請
  すること。また、排出者が確認できないときは、次回収集日まで収集日以外
  に排出されたごみを保管すること。
 エ 排出禁止物と認められるときは、適正に処理すること。
 オ 引っ越しごみ等の不適正排出については、適正に処理すること。
(3)( 略)

 2 共同住宅の所有者等は、ごみステーションを利用する者と協力して、次の
  各号に掲げる事項を行うものとする。
 (1) ごみステーション及びその周辺を清潔に保つこと。
 (2) ごみステーション周辺の除雪を行い、円滑に収集作業を行うことができる
  ようにすること。
 3 市長は、前項に規定する管理が適正になされてないと認められるときは、所
  有者、管理責任者、入居者に対し、適正な措置を講ずるよう求めるものとす
  る。
(あっせん、仲介業者の責務)
第12条 共同住宅の賃貸等に関するあっせん又は仲介業を営む者は、入居時にご
 みの分別区分、排出日時、排出場所、排出方法等を入居者に周知しなければな
 らない。

(新築共同住宅に係るごみステーションの設置)
第13条( 略)
(既存共同住宅に係るごみステーションの設置)
第14条 この要綱の施行日前に建築した共同住宅の所有者等は、当該共同住宅の
 入居者が近隣に居住する市民とごみステーョンを共用する上で、良好な関係を
 保持するよう努めなければならない。
 2 前項の共同住宅の入居者によって、継続して不適正排出がなされるなどによ
  り、近隣に居住する市民とごみステーションを共用する上で、良好な関係を
  保持できなくなったと市長が認めるときは、当該共同住宅の所有者等は入居
  者専用のごみステーションを設置しなければならない。
 3 前項の場合におけるごみステーションの設置場所は、当該共同住宅の敷地内
  とする。ただし、敷地の状態等により敷地内にごみステーションを設置する
  ことができないと市長が認める場合は、当該共同住宅の敷地の周辺にごみス
  テーションを設置するものとする。
 4 (略)

(近隣住民への説明)
第15条 共同住宅の建築主又は共同住宅の所有者等は、当該共同住宅の敷地内に
 ごみステーションを設置又は、当該共同住宅の敷地周辺にごみステーションを
 設置するときは、ごみステーションの場所、設備等について近隣に居住する市
 民等に説明しなければならない。
 2 (以下略)

この要綱は、平成28年10月1日から施行する。

お問い合わせ
旭川市環境部クリーンセンター
〒078-8208 東旭川町下兵村3番地の5
電話番号: 0166-36-2213 | ファクス番号: 0166-36-4239 | メールフォーム

このページのトップへ

▲ごみステーションの設置場所(pdf)

(ごみステーションの設置場所(pdf))

▲ごみステーション設置場所(google map)


201:豊岡15-6-6 - コートハウス専用;旭川市No.120201
202:豊岡15-6-6 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120202
           連絡係 藤原☎32-5555
203:豊岡15-6-1 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120203
           連絡係 内山☎34-3142
204:豊岡15-5-4 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120204
           連絡係 木村☎34-4870
205:豊岡15-5-5 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120205
           連絡係 藤原☎32-5555

206:豊岡15-5-2 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120206
           連絡係 遠藤☎32-7329
207:豊岡15-5-6 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120207
           連絡係 蜂谷☎33-3977
208:豊岡15-6-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120208
           連絡係 藤原☎32-5555
209:豊岡15-6-1 - 町内会設置ごみかご.h24/5/8増設;旭川市No.120209
           連絡係 森田☎31-8637
210:豊岡14-6-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120210
           連絡係 長谷川☎32-4353

211:豊岡14-6-1 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120211
           連絡係 矢木☎33-6856
212:豊岡14-5-5 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120212
           連絡係 北畑☎32-1144
213:豊岡14-5-2 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120213
           連絡係 上野☎35-8112
214:豊岡14-5-1 - 町内会設置ごみかごh23/4/26設置;旭川市No.120214
           連絡係 井出☎33-2559
215:豊岡14-5-5 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120215
           連絡係 山本☎34-0955

216:豊岡14-5-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120216
           連絡係 信太☎34-4198
217:豊岡13-5-1 - 愛宕ハイツ専用;旭川市No.120217
218:豊岡13-5-4 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120218
           連絡係 高畑☎33-4407
219:豊岡13-5-6 - レオパレス専用;旭川市No.120219
220:豊岡13-5-4 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120220
           連絡係 大柿☎32-8546

221:豊岡12-6-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120221
           連絡係 大野☎34-0264
222:豊岡12-6-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120222
           連絡係 古川☎34-4829
223:豊岡12-6-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120223
           連絡係 上田☎33-4790
224:豊岡12-6-1 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120224
           連絡係 藤原☎32-5555
225:豊岡14-6-2 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120225
           連絡係 藤原☎32-5555

226:豊岡14-6-8 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120226
           連絡係 両川☎33-1552
227:豊岡13-6-5 - 町内会設置ごみかご・廃油回収箱;旭川市No.120227
           連絡係 田口☎31-7936
228:豊岡13-6-7 - 町内会設置ごみかごh23/4/26設置;旭川市No.120228
           連絡係 氏家☎32-1564
229:豊岡13-6-4 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120229
           連絡係 大西☎31-7742
230:豊岡13-6-7 - コートプラネット専用;旭川市No.120230

231:豊岡13-5-7 - 町内会設置ごみかご;旭川市No.120231
           連絡係 中司☎32-0684
232:豊岡14-6-8 - 三河屋ビル専用;旭川市No.120232
233:豊岡14-5-6 - マンション専用h22/6;旭川市No.120233
234:豊岡13-6-6 - フラワー専用h22/8;旭川市No.120234
235:豊岡13-5-7 - ウエステン豊岡専用h23/3;旭川市No.120235

236:豊岡14-5-7 - 町内会設置h23/4/26-2020?移動;旭川市No.120236
           連絡係 尾矢☎32-5828
237:豊岡13-5-2 - グラドウスプリムス専用24/5;旭川市No.120237
238:豊岡15-5-3 - 町内会設置ごみかごh24/5/8;旭川市No.120238
           連絡係 本部☎31-5554
239:豊岡13-5-4-12 - ウエステン動物園通り専用h27/4;旭川市No.120239
240:豊岡13-6-3-18 - OCTAⅡマンション専用h27/10;旭川市No.120240

241:豊岡14-6-8-5 - TSMマンション専用h28/4;旭川市No.120241
242:豊岡15-6-7-15 - レジーナ専用h28/11;旭川市No.120242
243:豊岡13-6-1-17 - SAGAI-TIDA専用 h30/8;旭川市No.120243
244:豊岡15-6-5-2 - ピラトス専用202?/?;旭川市No.120244
245:豊岡14-5-7-8 - リーフ豊岡専用2020/?/予定;旭川市No.120245

このページのトップへ


▲再生資源ごみの回収(廃品回収)

 当町内会では毎月第一土曜日を資源回収の日としています。
 町内会員や地域の皆様のご協力をお願いします。

<資源物を出すときの留意点>
①固形物や汚れは、水ですすぐか、拭き取ること。
②選別作業の支障になるので、袋を重ねないこと。
③危険なものは袋に絶対入れないこと。
(はさみ・カミソリ・包丁などの刃物類や電池・ライター・注射針など)

回収日:毎月第一土曜日(但し、1月は第二土曜日)
9月は5日です。
10月は3日です。  

集積場所:各ごみステーション前

回収時間:午前0時~9時まで(時間は必ず守ってください)

  回収します  回収します回収しない回収しない
新聞・チラシ・雑誌・段ボール・紙パックアルミ缶・スチール缶 ビン類 布類
ひもで十字に縛る。紙パックは、中を洗い開いて乾かしてひもで縛るすすぎ、アルミとスチールを別々に出さないでください出さないでください

▲廃油(食料油)の回収にご協力を!

  年3回、4月、6月、9月に回収します。

 
 9月25日(金)12時まで(時間厳守)  
  回収箱は回収日の3日前から使用できます。

回収できる油回収できない油
植物性油;家庭で使っている天ぷら油、キャノーラ油、ごま油、コーン油、べに花油など動物性油;ラード、バターなど
~お願い~◆天かすなどはできるだけ取り除いてください。◆ペットボトルなどの容器のフタはしっかり締めで出してください。◆出す時間は厳守でお願いします。回収時間を過ぎたものは放置されますので、出した人の責任でお持ち帰りしていただきます。

画像の説明
 回収ボックスは上の図の7か所に設置しています。
(カーソルを当てクリックで拡大)

 収益金および市からの奨励金は町内会の貴重な財源として、この地域の環境整備に活用させていただきます。
 環境衛生部長 新田 善明

このページのトップへ


}}