●町内会ニュース   令和2年11月~令和2年12月
  ▲お知らせ ▲ごみ暦 ▲今月の予定 ▲町内会ニュース 役員一覧  ←戻る

ごみステーションにごみかご増設 12/9

 ごみステーション№208、216のごみステーションの利用者が増加し、手狭で、利用者から増設してほしいとの要望。
 12月9日、2基のごみかご到着。新田環境部長の立ち合いのもとに設置。
 ごみかごは、受注生産で、発注から完成までに時間がかかるもの。今回も旭川刑務所の作業班に発注。
     216_2 _800
      ごみステーション№208の右側に増設(12/9撮影)登録数25世帯

     画像の説明
      ごみステーション№216の手前に増設(12/9撮影)登録数30世帯 

 現在、増設しているごみステーションは、№209、211、227の3か所。今回の増設を含め5か所となりました。
 特に、金曜日のプラスチック、ペットボトルの日には、かごに入り切れないことが常態。
 今回は、あふれが目立つところで、既存の場所への増設としましたが、利用しやすさ(利用者の数と設置場所)ついては、これからの課題です。
 かつて、わが町内会でも、設置場所には「苦労した」との話を聞きます。現在設置している方々のご協力に心から感謝したいと思います。
 この種の設置場の選定は、「近くに設置してほしいが、自分の家の前はご遠慮したい」というのが誰もが持つ感情。
 とわ言え、高齢化に伴いごみ出しが一層困難になって来ると思われる今日、この5か所の増設部分を適正配置できるよう利用者で検討する時期を迎えています。
 ご理解ご協力をお願いいたします。

 ごみ出しは厄介な、なくてはならない仕事。だからこそ、利用者がルールを守り互いに清掃を担っています。
 無断利用者と思われるルール違反ごみが後を絶ちません。違反ごみ「ゼロ」を目指したいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広報誌「かたくり」・・会員の手作りで発行 11/19

 広報誌「かたくり」の制作は、市民活動交流センターCoCoDeで、18日印刷、19日製本、A4版16ページ、400部を作製。同日、班長により全会員に配布。  
 製本には、役員のほか会員有志の協力により完成。
画像の説明 
          完成した広報誌「かたくり」

 作成メンバー(敬称略)
 新田善明(A2-1)、松浦加奈子(A3)、青沼 豊(A6)、三上静子(B12)、
 井出美佐子(C14)、宇高嘉一(C14)、三田静恵(C15)、稲井典子(D23)、
 鈴木美恵子(D24)

 ご協力の有志の皆様に心から感謝申し上げます。

  愛宕第二町内会
  会長 藤原 実

このページのトップへ

ごみステーションレポートへ移動

このページのトップへ

 

  


このページのトップへ

a:4064 t:1 y:3 n:1

}}