2013.10月~12月 町内会ニュース          ←町内会ニュース履歴に戻る

「フラワーアレンジメント」講習会開催 11/17

 女性部研修会の「フラワーアレンジメント」講習会は11月17日午前10時より愛宕団地集会所で開催。昨年に引き続き2回目。

 藤原会長・中村女性部長の挨拶の後、佐藤先生の指導により、作品作りが始まりました。
画像の説明

画像の説明

 土台作りまでは順調に進みましたが、花の飾りつけに苦労する参加者も。 佐藤先生の指導や参加者同士のアドバイスで見事に完成。参加者全員、完成作品で「ハイ、ポーズ」。11時30分終了。

<参加者の声>
・参加者同士で相談したり、アドバイスをもらい思ったより上手に出来ました。
・花器と花のバランスが難しかった。冬休みの工作の宿題にする。
・クリスマスや正月の飾りつけを教えてほしいとの要望も

 参加者21名(小学生女子1、中学生男1、女1、大人男1、女17)

     ◇ ◇ ◇ ◇

 ご指導いただいた佐藤先生を始め参加者の皆様に心からお礼申し上げます。

     愛宕第二町内会
     女性部長 中村 郁子
     〃副部長 三上 静子

 <You Tube>


愛宕第二町内会設立50周年記念式典開催 10/20

 愛宕第二町内会設立50周年記念式典は10月20日午前10時30分より豊岡地区センターで開かれました。

■記念式典
 北畑副会長の司会進行により、式典は厳粛に進行。
 渡辺副会長の開会のあいさつで始まり、設立以来の物故者に黙祷を捧げました。
 藤原会長は「この地を築いてくださ多くの方々に感謝をするとともに、この地域を次
代にに引き継いでいきます」とあいさつ。

画像の説明
  挨拶する藤原会長

 旭川市長の代理として高橋秀彦(市民生活部・市民協働室長)さんからの祝辞、引き続き畠山勝美(地区市民委員会会長)さんの祝辞がありました。

画像の説明
 祝辞を述べる高橋さん(旭川市長代理)

         画像の説明
          祝辞を述べる畠山さん(市民委員会会長)

 町内会を築いてくださった39名に表彰状。また、賛助会員とし永年ご協いただいた39の事業者に感謝状が贈られました。

 受賞者を代表して谷川健治(Cブロック元会長)さんの謝辞。

画像の説明
 謝辞を述べる谷川さん(元会長)

 50周年実行委員会から記念事業の一環として、物置(1坪タイプ)と50インチテレビが寄贈されました。

■記念講演
 記念講演は「上川百万石の礎」~地元史に学ぶ~と題して旭川兵村記念館々長の上田良博(Dブロック)さんが講演。この地域を米の生産基地にしようとした入植者の血のにじむような努力が紹介され、改めて先人の苦労をしのびました。
画像の説明
 記念講演をする上田さん(旭川兵村記念館館長)

画像の説明
 ~熱心に聴講する会場風景~

■祝舞
 祝舞は山本栄子(Cブロック)さんが「千代の舞扇」を披露。厳粛な中にも華やいだひと時に会場からも大きな拍手と声援がありました。
画像の説明
  祝舞「千代の舞扇」を鮮やかに舞う山本さん

   ◇  ◇  ◇  ◇

■祝賀会
 祝賀は、鳴海実行委員の司会により進行。蜂谷一彦(Bブロック元副会長)さんの乾杯の音頭で祝宴が始まりました。
 町内会作成のビデオ「懐かしの町内会行事」、引き続き愛宕小学校吹奏楽部の演奏。アンコールがかかるほど演奏した児童に会場からの大声援。
画像の説明
  愛宕小吹奏楽部のみなさんの演奏

 記念合唱曲として菊田登(Dブロック)さんが作詞した「望郷山河」を参加者有志で合唱。この50周年の節目を大いに祝いました。
画像の説明
 菊田さん(前列右から2人目)が作詞した「望郷山河」を合唱する参加者有志

 最後に田口晃一(Dブロック元会長)さんの万歳三唱で祝賀会は午後1時20分終了しました。

   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 設立50周年記念事業を無事終えることが出来ました。これも多くの方々の並々ならぬお力添えによるものでございます。ご協力をいただきました方々に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
   愛宕第二町内会会長
   設立50周年記念事業
    実行委員会委員長 藤原 実

設立50周年記念誌が発刊 10/20 

 設立50周年記念誌が10月20日発刊されました。A4判で約80ページ。
 題名は第1集、第2集と同じく「町内会のあゆみ」、副題が「未来へのメーッセージ」となっています。
DSC03220.JPG

 50周年を迎えるに当たり先人へのご労苦に感謝するとともに次代の人たちに現在の町内会の姿を伝えたいと思います。

 年表を掲載しましたが、少しでも自分史の作成のお役にたてばと思います。

 会員には今月中に班長さんがお届けする予定になっています。

 作成は、「手作り」で行いました。出来栄えは”プロ”には及びませんが担当者の苦労に免じてご寛容を。

 編集;50周年記念誌編集担当者
 印刷;表紙・見返し    ㈱あいわプリント
    本文(カラーも含め)市民活動交流センターCoCoDe
 製本;編集担当者有志

 作成に当たり多くの方々のご協力をいただきました。心から厚く御礼申し上げます。

  10月20日
  記念誌編集責任者 渡辺 正機(副会長)
    〃 副責任者 中村 伸二(広報部長)


[[&attachref(./swfu/d/top.jpg,nolink,このページのトップ