町内会ニュース 2013.7           ←町内会ニュース履歴に戻る

地区社協の学習会に参加 6/28

 愛宕地区社協(共催;愛宕地区市民委)の「地域福祉を考える」学習会が6月28日、午後1時より富士住民会館で開かれ,当町内会からは、地区社協評議委員の高畑福祉部長、三上女性副部長が参加しました。

画像の説明
          
 今回のテーマは「孤立を防ぐ地域で出来る取り組み」で、講師の旭川市社協の松林さん(地域福祉担当主査)から旭川市の福祉を取り巻く現況が報告され、その後、地区社協での事例の発表や各町内会での取り組みなどが報告され、これらを通し活発な意見が交わされ、午後4時30分閉会。

       画像の説明
       高畑福祉部長(写真右から2人目)、三上副部長(同3人目)

 高畑福祉部長は、「今年度の町内会の事業として、独居世帯の調査や『声掛け運動』を進める計画をしています。すでに、安心見守り事業が行われていますが、地区社協区域で昨年度3件の孤独死が起きていることなどから、高齢者や共働き世帯の子供の見守りなど、支援を必要とする世帯の調査を実施し、声掛け運動を具体的に進めていきたい」と語っています。



広報誌「かたくり」平成25年度版発行 6/17

 町内会広報誌「かたくり」の平成25年度版は、6月17日に、A4版30ページの印刷を終え、班長さんにより全会員に配布の予定です。
 町内の活動を参加した人はもちろんですが、参加できなかった人にもお伝えし、町内の動きを共に知ることで支え合う力を高めようとするものです。 
画像の説明

 今回は、役員改選の年で「役員からのメッセージ」を充実しました。
 定期総会の報告や町内活動のニュースなども掲載し、併せて、緊急時や災害時の連絡先など掲載してあります。
 昨年度と同様に、旭川市市民交流センターで印刷、製本を役員よる手作りで行いました。
画像の説明

 ご協力いただいた皆様にお礼を申し上げます。
     広報部長 中村 伸二