2015.9
                   ←町内会ニュース履歴に戻る

敬老会に37名参加 9/20

 愛宕地区社協による平成27年度の敬老会は20日、午前11時より東地区体育センターで240人をお迎えして盛大に開かれました。
 当町内会からは、37名が出席(77歳以上の対象者は143名)。楽しいひと時を過ごしました。

 今年も、冒頭のセレモニーを短縮し、アトラクションに時間を多く当てられた企画。
 地域の愛宕東小1年生の作文朗読で始まり、愛宕小吹奏楽部35名の演奏。続いて愛宕中のコーラスでしたが、メンバーが急な大雨に合いずぶ濡れのため、次のプログラムに。
 今回は民謡と日本舞踊の芸能ボランティア大雪会一座。津軽甚句やアイヤ節を4曲。日本舞踊では「下町育ち」や「芸者ワルツ」の舞を楽しみました。

敬老会の模様をスライドでご覧下さい。

&Br;
&Br;

 雨を乾かしてステーに登場。愛宕中のメンバーに大きな拍手。
 夏の思い出など4曲を熱唱、最後の曲の「故郷」を75名の大合唱団と参加者全員で合唱し、またひとつ思い出を重ねました。(愛宕中の合唱部はNHK合唱コンクール旭川地区予選で金賞を受賞)

 大雨のハプニングはありましたが、午後1時終了。全員無事帰宅。

 この会の役員として藤原、渡辺、高畑、三田、媚山、三上。町内会参加メンバーの会場誘導には曾田、森田、松田、山本、杉内の皆さんが当たりました。(誘導後は団地集会所でお祝い品配布作業に合流)

 一方、欠席者宅への記念品のお届け作業は団地集会所で佐々木総務部長をリーダに鈴木、大西、井出の皆さんが担当して行い班長宅に配布。
 班長さんから対象者宅にお届けいたしました。

 年に1度の行事ですが敬老会対象の方々やそのご家族との対話の機会が生れました。町内会として絆を深める大事な行事と考えています。
 敬老会の準備、当日の運営、記念品のお届けなど、班長さんをはじめ各役員、関係者のご協力に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

      愛宕第二町内会
         会長 藤原 実
      担当副会長 渡辺 正機
       福祉部長 高畑 彰夫